メカニカル・サーフェス・テック2014年6月号を23日に発行予定

 当社発行の表面改質&表面試験・評価の技術情報誌「メカニカル・サーフェス・テック」第20号の6月号を6月23日に発行する。今回の特集は、「機械要素・部品における表面改質の適用」で、ショットピーニングやめっき、真空脱脂洗浄、DLCコーティング、大気圧プラズマ窒化についての話題を扱う。

 機械要素・部品では、高度化した要求に応えるため材料の工夫に加えて機能性付与や機能性向上を目的に表面改質が数多く適用されている。今回の特集号では、それらに対応する表面改質技術について各社・団体の実施例や研究・開発案件を紹介する。具体的な内容は以下の通り。

2014年6月号:機械要素・部品における表面改質の適用

◇機械要素・部品におけるショットピーニングの活用状況……明治大学
◇めっきにおける高密度基板製造のための導電化技術……日本マクダーミッド
◇機械部品の熱処理前後工程における真空脱脂洗浄……不二越
◇機械部品におけるテクスチャリングDLCコーティングの適用……H.E.F DURFERRIT JAPAN
◇大気圧プラズマによる小物部品の窒化処理……プラズマ技術産業応用センター

 定期購読の申し込みはこちらから。