米・マクダーミッド社、親会社による買収でエンソン、アルファ、Fornoxの三事業を補完

プラットフォーム社によるアレント社買収 日本マクダーミッド( http://www.macd.co.jp/ )は、めっき薬品など化学品メーカーとしてグローバルに展開するマクダーミッド社(米国・コネチカット州)の親会社であるプラットフォーム・スペシャルティ・プロダクツ・コーポレーション(プラットフォーム社、米国・フロリダ州)が12月1日、Alent plc(アレント社、英国・サリー州)を買収したと発表した。

 アレント社は、表面処理用めっき薬剤、はんだ用薬剤をグローバルに供給する大手メーカーで、エレクトロニクス産業において自動車・機械業界向けが売上額の約3/4を占める。今回の買収により、エンソン、アルファ、Fornoxの三事業を行うアレント社はプラットフォーム社のグループ企業となり、2013年にマクダーミッド社、今年10月に加わったOMGと統合し、新たな体制の下で事業を行う。

 日本マクダーミッドのジュリアン・ベイショア社長は「OMGに続き、さらに強力な組織とコラボレーションすることになり、我々の事業にとって計り知れない相乗効果を期待している。インダストリアル、エレクトロニクスの幅広い業界において市場、製品分野を網羅することになり、新規案件が倍増する見込みだ。それとともに、今までの三社の競業をグループ全体の利益へと転換し、ひいては業界、そして所属する社会全体へ還元することができることは間違いない。プラットフォーム社の方針にも発表されているように、今後一定期間は三社の統合作業に注力し、日本マクダーミッドとして最大の付加価値を創出するよう、体制をしっかりと固めたい」 と話している。