素形材センター、熱処理・コーティング技術などを表彰する「第33回素形材産業技術表彰」の募集を開始

 素形材センター( http://sokeizai.or.jp )は、「第33回素形材産業技術表彰」の募集を開始した。応募締め切りは5月19日。素形材産業技術表彰は、同センターが昭和60年度に創設した表彰制度で、優秀な素形材産業技術の開発等により、わが国素形材産業の技術水準の進歩向上に著しく貢献した技術の開発者等を表彰し、素形材産業の振興に資することを目的としている。特に優秀な開発技術には、素形材関連の学・業界として唯一、経済産業大臣賞が授与される。

 本表彰における素形材産業技術とは鋳造、ダイカスト、鍛造、金属プレス、粉末冶金、型、熱処理・表面処理に関する技術や鋳造機械、鍛圧機械、工業炉に関する技術、素形材およびその製造に密接な関連を持つ、その他の加工技術、材料技術およびソフトウェア技術などを指す。

 素形材産業技術賞は、過去5年以内に開発され、ある程度の実用化の実績(見通しを含む)がある優秀な素形材産業技術の開発者を表彰する。応募代表者は企業に属する者であることが必須。優秀な案件については、経済産業大臣賞、中小企業庁長官賞、製造産業局長賞の交付申請をする予定。

 応募の詳細は同センターホームページより。提出・問い合わせは下記より。表彰式は、素形材月間の主要事業として、11月10日(金)に機械振興会館大ホールで行われる。

提出先、問い合わせ先

〒105-0011
東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館301号室
一般財団法人素形材センター 業務部
電話 03(3434)3907 FAX 03(3434)3698
e-mail:gyoumu@sokeizai.or.jp