帝人、自動車窓の樹脂化を加速するPCVD法含むハードコーティング技術

 帝人( https://www.teijin.co.jp/ )は、実車サイズの大型の樹脂窓や曲面が複雑な樹脂窓に、ガラス並みの高い耐摩耗性と、従来品の2倍という優れた耐候性を付与することができる、新たなハードコーティング技術を開発した。これにより、自動車窓の樹脂化を大きく加速することができるという。

 この技術は、ウェット法でハードコートしたポリカーボネート(PC)樹脂に月島機械と共同開発したプラズマCVDコーティング装置を使用する。同装置は、1m2強まで成膜でき、実車サイズの大型樹脂窓や複雑な曲面を有する樹脂窓にも均一にコーティングすることが可能。ガラス並みの耐摩耗性を実現しており、これにより、2017年7月より適用される新保安基準や、アメリカやEUで求められる耐摩耗性を満たすことができる。

 同技術に適用されたプラズマCVDコーティングは、独自の技術によって膜の密着性を高め、酸素や水蒸気の浸透を防ぐことで、下地となるウェットハードコーティング層の劣化を抑制する。この層には樹脂の劣化原因となる紫外線を吸収する機能があるため、ウェットハードコーティングのみを施した場合に比べて、劣化や変色までの時間を倍増させることができるという。

 今後、早期の事業化に向け、松山事業所(愛媛県松山市)のパイロットプラントにおいて量産化を見据えた生産技術の確立に取り組んでいく。

帝人「従来コーティング技術と新コーティング技術」: 従来コーティング技術と新コーティング技術帝人「従来コーティング技術と新コーティング技術」: 従来コーティング技術と新コーティング技術