日本アビオニクス、接合の信頼性を高める溶接モニタとインバータ式溶接電源

 日本アビオニクス( http://www.avio.co.jp/ )は、自動車電装部品の製造・組立てにおいて、接合プロセスを「見える化」することにより、接合の信頼性を高める高機能溶接モニタ「QC-450」と高精細な制御を実現する高信頼性インバータ式溶接電源「NRW-IN400P」を同時発売する。

日本アビオニクス「QC-450(左)とNRW-IN400P(右)」QC-450(左)とNRW-IN400P(右)

 近年、自動車産業においては、自動運転自動車の開発、環境対応車の推進など、次世代に対応する精巧な部品開発のニーズが高まっており、部品製造や品質管理ので重要な接合技術のさらなる高品質化が求められている。

 QC-450は接合の推移を見える化する「ランチャート表示機能」、温度のフィードバックを容易にする「アナログ入力2ch」を搭載した。さらに同社初の生産履歴を一括管理するための「イーサネット接続」を標準搭載し、より高度な品質管理を実現するとともに多彩な信号出力による高度な制御を可能とした。ランチャート表示機能は、電極の摩耗による測定結果の変動推移を捉え、電極交換時期などの予測を可能とし、問題点を早期に捉え対応することで品質を維持することができる。さらにイーサネットにつなぐことで、生産プロセスの見える化を実現し、世界中どこでも均質な品質管理が行うことができ、生産履歴管理(トレーサビリティ)を一括管理できる。

 NRW-IN400Pは「プログラムBOX」の採用により、自動車の製造ラインに最適な遠隔での操作を可能とする。様々なワーク形状や材料に対して、高品質な接合を実現するために業界初の「最大127step(slope、weld、coolの組合せ)の任意通電設定」、「出力周波数選択式(2kHz、4kHz、5kHz)」の標準搭載、5kHz時の二次電流8000A出力を可能にした。

 さらに同時発売のQC-450と組み合わせることで変位による通電停止や温度による電流量切替など、多彩な制御を可能にする。例えば溶接時に任意の潰れ量に到達した信号(QC-450側)を装置(NRW-IN400P側)に瞬時に伝え、通電停止することで、より正確で均質なワークの仕上がりを得ることが可能となる。

 当社は、世界で唯一、接合4工法と呼ばれるレーザ、超音波、抵抗溶接、パルスヒートを有しており、様々なアプリケーションに対応する接合製品を供給している。