佐々木化学薬品、スプレータイプの電磁波シールド剤

 佐々木化学薬品( http://www.sasaki-c.co.jp )は、最大遮断効果99.68%を実現するスプレータイプの電磁波シールド剤「エスシールドEMI-21」を開発、販売を開始した。初年度は売上高1000万円を目指す。

 同品は、人体や機器類へ影響を及ぼす電磁波(EMI:Electro Magnetic Interference)を導電性塗料の銀コート銅粉で遮断する。スプレータイプのため、吹き付けるだけで比較的容易にシールド効果を付与する。また銅粉へ均一に銀コートする技術を開発し、細かな粒子を実現しているため、塗りムラの発生を抑えた表面に仕上げることが可能になるという。

 今後、医療機器や各種分析・測定機器、携帯電話などの分野における電磁波障害防止、自動車やリニアモーターカーの電子機器・装置などの分野における誤作動防止など幅広い用途に展開を見込んでいる。