トーカロ、台湾で合弁会社設立 半導体・液晶製造装置部品への溶射など

 トーカロ( http://www.tocalo.co.jp )は、台湾における半導体・液晶製造装置部品のコーティング市場のシェア拡大を図るため、「漢泰科技股份有限公司」との合弁会社設立の手続きを開始することを発表した。

 トーカロの半導体・液晶製造装置部品のリコート事業において、有力な半導体・液晶メーカーを有する台湾は、重要なマーケットのひとつとなっている。台湾におけるリコート需要に対して、これまでは、同社の技術供与先である漢泰科技股份有限公司が中心となって対応していたが、このたび、トーカロの技術力、営業力をより直接的に注力することによって、迅速かつ効率的な営業・製造・開発体制を整え、同社グループの台湾におけるマーケットシェア拡大を図るため、漢泰科技股份有限公司で合弁会社を設立することとした。

 出資比率は両社50%。今年4月の営業開始に向け、合弁会社設立申請などの手続きを行い、半導体・液晶製造装置部品などへの溶射・洗浄・アルマイトなどの受託加工を中心に行っていく予定。