注目記事

トリニティーラボ「TL201Tt」 トリニティーラボは、これまでの「TRILAB 静・動摩擦測定機 TL201Ts」 から、 精度・耐久性を向上し、機能をより充実させた「TL201Tt」(図1)へとバージョンアップさせた。

マクダーミッド・パフォーマンス・ソリューションズ・ジャパン「ジュリアン・ベイショア氏」 アレントジャパンは7月1日付けで、「マクダーミッド・パフォーマンス・ソリューションズ・ジャパン」に社名変更した。

図1 ISO/TC 107会議のもよう(千葉・柏の葉)(一社)DLC工業会、ナノテック㈱ 
平塚 傑工

 用途により適切にDLC膜を選択するには、定義や分類方法を規定し、評価手順の確立を行う必要がある。そのため現在、一般社団法人ニューダイヤモンドフォーラムを中心に、国際標準化の取組みが行われている。テーマとしては、DLC膜の分類、摩擦摩耗試験、光学特性評価がある。DLC膜の規格化は、ISO/TC 107において提案され審議されている。