注目記事

ヤマシタワークス「UBMS法によるDLC膜の面粗さ向上」 ヤマシタワークス( http://www.yamashitaworks.co.jp/ )では、独自開発の鏡面研磨技術「エアロラップ工法」について、DLC(ダイヤモンドライクカーボン)などドライコーティング成膜の前後処理への提案を強化している。すでに金型や切削工具などへの成膜の前後処理で多くの実績を持つが、機械システムの摺動性向上のための成膜の前後処理などにも適用を進めていく。

ブルカー「ワークショップのもよう」 ブルカーナノ表面計測事業部( http://www.bruker-nano.jp/ )は3月16日、東京・新川の同社東京事業所で、多機能トライボロジーテスター「UMT TriboLab」とナノインデンテーションシステム「NanoForce」のワークショップを開催した。冒頭、相川重夫事業部長が開会の挨拶で、同社の事業内容や取扱製品、グローバルでの販売状況などを述べた。