新東工業、ピーニング装置の前後にインラインでX線応力測定

 新東工業( http://www.sinto.co.jp/ )は、表面の応力測定を10秒で実施できる「X線応力測定装置“PSMX-Ⅱ”」の特長を生かすことで、自動車のトランスミッションギヤなどのショットピーニング前後における全数応力測定を実現した。

 同装置は、ショットピーニング前に素材のバラつきを確認し、ショットピーニング後に応力付与を確認することで、信頼性のあるライン構築を実現する。また、渦電流を用いた「非破壊検査装置“ECNI-Ⅰ”」を併用することで、ショットピーニング工程抜けの防止を図り、製造ラインの信頼性向上、製品の品質確保に貢献する。同社ブラストテクノロジーセンター(愛知県豊川市)にデモ機を展示しているため、実際のライン構成などを目で見て触れることも可能だという。

新東工業「PSMX-Ⅱ」をギヤ製造ラインに組み込んだ例と拡大画像(右下)「PSMX-Ⅱ」をギヤ製造ラインに組み込んだ例と拡大画像(右下)