メカニカル・サーフェス・テック2018年12月号「特集:DLCコーティングの動向と試験・評価」が12/25に発行

mst1812表紙s 表面改質&表面試験・評価技術の情報誌「メカニカル・サーフェス・テック」の2018年12月号「特集:DLCコーティングの動向と試験・評価」が当社より12月25日に発行された。今回の特集では、2017年9月にISO 20523:2017として発行されたカーボン膜の分類の概要と留意点などについて、少量多品種を低コストでDLC成膜するためのマイクロ波励起高密度近接プラズマ(MVP法)の開発事例について、自動車部品における環境調和型潤滑油とDLCの組み合わせによる超低摩擦特性などについて、パイロットスケールの摩擦摩耗試験機を用いて各種環境下でリング・オン・ブロック試験を行ったDLCコーティングブロックと無処理ブロックの比較試験について、ラマン顕微分光法を用いたカーボン系材料のナノレベル材料の特性評価について紹介する。

ニュースヘッドライン

パネルディスカッションのもよう 「ASTEC2019 第14回 先端表面技術展・会議」や「SURTECH2019 表面技術要素展」、「nano tech 2019 第18回 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」など13の展示会が、1月30~2月1日に東京都江東区の東京ビッグサイトで開催、43622名が来場した。ASTECとSURTECHでは、DLCコーティングやセラミックコーティング、めっきなどの表面改質技術、摩擦摩耗試験機やスクラッチ試験機、表面張力・形状・粗さ測定機などの表面試験・評価機器の展示が多数見られ、以下のような展示を行った。

パーカー熱処理工業のブース パーカー熱処理工業 加工事業本部は、2月6日~8日に横浜市西区のパシフィコ横浜で開催された第40回工業技術見本市 「テクニカルショウヨコハマ2019」に出展した。同社ブースでは、アルミシリンダーの摺動性能を飛躍的に高める「PNTプロセス」や全自動低圧浸炭・真空熱処理加工「ICBP」、環境にやさしい高性能のシアンフリー塩浴軟窒化処理「イソナイト®LS」などの受託加工サービスのほか、振動摩擦摩耗試験機「SRV®5」による受託試験サービスの紹介があった。また、同社グループ企業のパーカーS・N工業で行っているDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティングの受託成膜サービスについても紹介された。