真空熱処理炉など販売の島津メクテムが島津エミットと統合

 島津製作所( https://www.shimadzu.co.jp/ )は産業機器事業を強化するため、真空熱処理炉やX線検査装置などを取り扱うグループ会社の島津メクテムと、油回転真空ポンプなどの真空機器を取り扱う島津エミットを統合し、4月1日に新会社「島津産機システムズ」を設立する。

 今回の新会社設立は、島津製作所の産業機器セグメントで重点機種としている島津メクテムの真空熱処理炉および島津エミットのヘリウムリークディテクタなどの事業拡大を目的としている。両子会社が有する営業部門や技術部門、製造部門、品質保証部門ならびに管理部門の統合を進め、経営の効率化や組織力の強化、顧客ニーズに対する対応力の向上、コストの削減などを図る。

 新会社の所在地は滋賀県大津市。資本金は1億円で、設立時点の従業員数は316名。